胸郭の異常:漏斗胸

漏斗胸というのは、胸の中央部下2/3のあたりで、へこみがある変形である。

発生頻度は報告によりばらつきがある。0.2-0.7%といわれ、男性のほうが多い。
また、時に同一家系にみられて遺伝的な要素も推測されている。

漏斗胸変形の原因は、肋骨・肋軟骨の過剰成長による変形といわれてい。

乳幼児期から、漏斗胸変形が発見されることが多く、成長とともに変形が強まってくると考えられる。

ただし、乳児期ではもともと胸壁が柔らかいために呼吸で凹んだものを、漏斗胸と勘違いすることもあり(偽性漏斗胸)、成長をみながら変形の形態が直るかどうかを見ていきます。

胸郭の陥凹変形によって、肺や心臓など胸の中にある臓器は、位置が変わってくるので、心電図検査で以上と判定されることがある。しかし、肺活量が減るとか、心臓が圧迫されて機能が悪い、というような高度な障害を来すことは稀と考えられる。

また、小児期には障害は少ないが、長じるにしたがって、とくに本人が老人になると、呼吸器の症状が強くなることもある。また、漏斗胸から猫背になりやすく、姿勢の悪さがしばしばみられる。

 

漏斗胸の手術治療

手術治療としては、胸骨挙上術、胸骨反転手術などが従来は行われていた。

アメリカのDonald Nussにより考案された術式=ナス法手術では、胸の両脇の2−3cmほどの皮膚切開から胸腔鏡下に漏斗胸陥没部を持ち上げて、ステンレス製、チタン製のバーを挿入して挙上を維持する、という新たな術式である。変形が左右対称に凹んでいる場合は、非常によい結果が得られる。
こども病院でも1999年にナス法が国内で可能となった頃から、この術式を導入している。

極端に変形が強い場合や、陥凹の左右差が大きい場合は、通常のナス法だけでは、十分な矯正は難しいこともあり、肋軟骨の切離などを追加している。
バーで胸郭を挙上することは、たとえ非対称な漏斗胸でも陥凹はかなり改善されるが、非対称が残る。

胸の横からの手術するために胸の正面は無傷で、出血も少なく、手術時間も比較的短い手技である。
ただし、肺や心臓といった重要な臓器の横をかすめて、金属バーを挿入しますので手術の危険性が無いわけではない。出血や術後感染症などの合併症も報告されてる。

図 ナス法(形成外科学会サイトより)

nuss3-5-13-2.jpg

漏斗胸に関して、詳細な情報提供を行っているサイトがありますので、ご紹介します。

香川大学形成外科の永竿先生による「胸のかたち」研究室です。

漏斗胸手術の歴史 ナス法以後 には、動画もあってナス法の原理を解説しています。